スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願の朝マヅメに向かうが結局・・・

2015-07-19 04.58.44

房総ダムへちょくちょく足を運ぶ回数が増えていますが、如何せん千葉は遠いい。
前日に準備終えとっても便利なアクアラインを乗っても起きてから着くまで2時間はかかる。大体3時に起きて5時着ぐらいです。思う心は朝マヅメを叩きたい。ブラックバスが釣れる時間は日ノ出(朝マヅメ)日の入り(夕マヅメ)の前後一時間前が熱いと言われています。そんな時ビックチャンスが。なんと木更津で飲み会決定。これにより近くで泊まれば朝マヅメに行ける。
そんな期待をして飲み会はやっつけで近くに泊まり朝マヅメにピントを合わせます。



4時から叩くも生命反応低く佐久間ダムが離れていく


3時に起き少し出遅れたと思いながらもコンビニでみそ汁を購入してすすりながら移動します。
最初は薄暗い為、環境が整っている安心安全佐久間ダムに攻めます。
台風と梅雨の影響か非常に水量が多いので不安が募ります。

2015-07-19 07.01.37

案の定ひたすら叩くも辺りすらない。届かない場所ではちらほらボイルあるもののこんなものなのか?念願の朝マヅメがむなしく終わっていきます。なんだったんだろうこの努力。早朝6時ですでに精神に大ダメージを食らいます。
釣れるといううわさと、環境が整っているという佐久間ダムは私の中で影が薄くなる存在になりそうです。水位が低くなったら来ようかな。








裏ワザ提灯釣りで攻めるも殉職



提灯釣りという裏技チックな釣りがります。
水辺の上の小枝を使いそこにラインを通してルアーを水面に落す方法で警戒心高いバスでも有効な技です。それプラスこの技は投げるというのは最初だけで後はぶら下げてちょんちょん水面でアピールするだけでバスが食ってくるので非常に楽なやり方でもあるのです。精神的にめげた私は提灯釣りでバスをあおります。
が、とっても有効なこの技ですが非常にリスキーな面もあるのです。それは小枝等にラインを乗せるという事はラインが痛むのとやりなおしたり釣れた場合木に引っ掛かったままになるのです。
それを取るには竿を振り強制的にこっちに引っ張ります。すると針が付いた仕掛けがこっちに飛んでくるのです。かなり危ないです。マトリックスみたいなのができればいいのですが座ってリビングスタイルでやっていた私は殉職。

2015-07-19 07.49.12

右腹をやられました。皆様もお気を付けくださいませ。釣りは楽しいですが危険が付き物です。それと金がかかります(笑)
めげた私たちは早々と佐久間ダムを後にします。
たぶん来るのは秋になった時でしょう。














移動するも暑いだけなので休憩です。



2015-07-19 13.54.09

佐久間ダムを後にして南房総をドライブします。途中野池を散策しますがどこも柵がありほとんどたたけません。房総は野池がものすごい数ありますが、バサーのマナーが悪い為や生活用水に使っていたりするので禁止の所が多いのです。釣りに行ったら来た時よりキレイを心がけています。
ぶらぶらドライブしていると昼前になったので早めにランチをいただき、糖分補給したためオネムになり近くの湖畔の日陰でお昼寝です。













照りつける太陽にやられ方向性が変わります。



木陰にいても暑い。眠気も飛んだのでダムでたたこうとするもクソ熱い。照り返しがやばいのなんの。

2015-07-19 14.43.15

しかし、ここのダムは水位が上がっていたものの非常にクリアー。見えコバッチ・ギルが多数います。ここのギルは貪欲で非常に活性が高いのです。しかも水の中の魚は手に取るようにわかります。
と。いうことで。

2015-07-19 17.56.20

ブルーギルを釣ります。たくさん食ってくるのでめっちゃ面白いです。釣り堀感覚です。が、水面からの照り返しと魚がすれたのでまた休憩。
夏の釣りはきついいです。逆にマヅメだけやるというのも手ですよね。特に海で昼間シーバスとかは考えたくない。











最終的に夕マヅメって朝の努力が・・。



少し時間置き夕マヅメを狙います。朝からやっていて疲れているので帰ろうかという案も出ましたが、ここまでいたなら夕マヅメでしょ!!で、これが大正解。

2015-07-19 18.21.14

ものの30分ぐらいですが同じポイントで二人で10匹。本当に朝の努力は何だったんだろう。少し悲しくなりますね。でも、よかったですわ。とりあえずの一匹をドライブスティックのワッキーで攻めその後はいろんなワームを試して何匹があげれました。

そして一番熱い事が起こります。

連れが20㌢ぐらいのバスとのバイト中。後ろからかなりのスピードで追ってくるものがいます。なんとランカークラスのデカバス。暴れているからスイッチが入ったのかこの釣られかけているバスを追っかけ食べようとしています。水はクリアーなので一部始終見れて興奮します。「喰え、一気にランカーゲットだぁ」と、思いましたが、デカバス君は私たちの姿を発見したのでしょう、ある意味スイッチが入り奥底に入っていきました。

一日たっぷりとキャスティングしてギルもバスもそこそこ釣れ満足な一日でした。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

田村13号

Author:田村13号
田村商店というネットshop運営しています。
tamura-shoten.com

そちらもよろしくどーぞ。


ししまる

Twitter
検索フォーム
お気に入りブログとブロ友の皆々様リンク集
関連リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。