スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サファリパークの全貌へ。

今日は前回
だいぶ説明が雑だった田村サファリパークの作り方をもう少し説明したいと思います。


「えー??
 田村ちゃんまともに水槽紹介なんてできるの。

 ムリムリ。」


まぁ、写真も撮り忘れたのが多いですが何とかやってみようかなぁと。


「絶対田村ちゃんじゃ無理だよ。
 変な妄想ブログしかかけないじゃん。気持ち悪いし、危ないし・・・。
 絶対みんなに魚と会話していると思われているよぉ。」



あー、うるさい。


お前自体妄想なんだよ!!!


・・・・。


えー、こんな入りですができる範囲で紹介しますね。
たぶん長くなりますので、耳掃除をしながらみてくだしゃい。


コンセプトは熱帯雨林でメンテナンスがやりやすいこと、また魚たちがひょっこり出てくれる事。


使用した水槽は60*45*45㌢水槽。


テラリウムは奥行きがあった方が、なにかとやりやすいです。


2013-04-14 18.03.13


今回底砂はいたって普通の砂利をチョイス。


暗かったのでオレンジの砂利を追加。


テラリウムというと底面フィルターが一般的ですが、根詰まりを起こすとレイアウトすべてやり直しですので今回は導入せず。

で、このまえ名もなき場所で採取した石を高さが出るように組みました。


水中部分を多くとりたかったので、結構並べました。


ただ、この量の石を使うのは実際無理があると思います。


値段がバカにならないですし、崩れたりしてあぶないです。上げ底が主流?(ボンド使えば別ですが)


私は石がただで手に入るのと、隠れ家を作りたかったのでこの方式で。


岩の隙間から魚が出てくれるのを期待して。


2013-04-14 18.26.45


大きい石からだんだんと小さい石を並べて大体平らにしたら、ネットをはり水コケを敷きました。


水コケを敷いたのは、水上部分に水がなくても枯れるのを防ぐのと、上にソイルを敷くためです。


2013-04-14 19.05.49


水上の草はADAの侘び草というたいへん便利な物。ドーム状の母体に草が結びついていてそれを置いただけの簡単レイアウト。


昔はこんなのがなくてかっこよくはなかなかできなかったですね。


後は貯めておいた草を適当に並べました。


2013-04-19 19.31.08


影の部分も多いので観葉植物はポットのままを使用できます。


2013-04-19 19.33.01


ソイルは厚く敷けなかったので草は植えれず。きっとその内きれいにはってくれますw。


2013-04-19 19.29.37


草の水まきはシャワーパイプの水を利用してあげています。


この辺は後々変わると思います。


水草と違い根に水が行けばいいので、かかりすぎてダメになるものもあるので様子見です。


2013-04-19 19.33.08


そして、今回初めて導入したのがこのバックボード。


とある店で購入してきた炭化コルクボードという物。


こちらは炭化処理済みで、生体にも害が少ないという商品になっています。


バックボードなくてもよかったのですが、こちらはコルクボードですので刺さったりできるのでなんか後々面白くできそうなのでチョイス。


草の根もついてくれるみたいですよ。


ビバリウムには使われているみたいです。ためしにコケを射してみてます。


蔦からめて苔ついてという感じにしていくつもりです。


2013-04-15 20.30.29



こんな感じで作りました。


わかりましたかね?


説明はあくまで私が何年かやってきた経験を踏まえた結果で独自の物です。


皆様の何かにご参考になればと思って掲載しました。必ずこのやり方が正解ではないですよぉ。




今後、田村サファリパーク滝を作ろうと検討中です。


ふぅ、まともなブログは疲れます・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このとあるお店は自分も月に1回くらいは行ってます。爬虫類やリクガメを飼育していまして、餌の購入でこのお店には行っています。2階の獣臭や落としたプラケースはアレなんだろうなーってのが想像できたくらいです。1階はまだしも、2階は本当に狭すぎるんですよね・・。

まぢですげぇ!

もはやプロの仕業!!

立体的な造形のおセンスがないとこういうのは作れないぉ

普通に水草植える(ぶっ刺す)だけでも難しいのに・・w


異常に滝が見たい!!

ちょろちょろ滝もいいけど
出来ればある程度水流のある
グランドキャニオン的な・・・w

ホンマに田村サファリパークや~~

田村13号さん、こんばんわ!

オオーw(*゜д゜*)w
今日はわかり易いちゃんとした?アクアリストっぽいブログですね。最初の妄想ちゃん?意外は((´∀`*))ヶラヶラ

岩の隙間から魚が、いいですね〜♪
バックボード、ちょっと気になってました。
コケやら植物植えてフサフサになるのですかね?
ペンギンは救出されましたか??

☆はげじゅうさん☆

あはw。

ご想像できます。

わかっていただきありがとうございます。

いやぁ、しんどかったです。臭いが。

そして、そう想像通りのプラケース、あれです。

あれをからからがーっしん。

でも楽しいお店ですね。

☆ちっぷしゃん☆

そんなお褒めの言葉照れちゃいます。

惚れちゃいます。

あっ、先客がいるんだった。

たまたまですよぉ。

すべては霧と侘び草にゆだねています。

おっ?

ナイアガラ希望ですか、了解でし。

・・・。

ちと、ハードルが・・・。

ちっぷしゃんの為なら頑張ってみます。

あっ、グラキャンだ。

☆お世話係さん、こんにちは☆

いやぁ、つかれました。

この手は気を抜いてかけないので。

毎日は絶対この手では書けないですね。

真面目に?書かない理由はもう一つあるんですよ。

たまに、独自で楽しんでるのにあーでもないコメントが昔来たりして。

それでいやになりました。(ちょっとぐちですみません)

今は、10秒で読み終えれるブログを目指しています。

軽く20分程度で書き。誰が見てもゆるくなるブログを目指してますわ。

バックボード。

爬虫類倶楽部というお店で購入。

こちらは、通販でも買えますよ。切ったりも容易なので二枚買ってよくよく刺してみようかなと。

台替わりにして、そこに植物おいて蔦から丸感じにしようかと。

ペンギンは救出不可な岩の隙間でもがいてますw

No title

分かりやすい説明ありがとうございます♪
簡単に真似できないことが分かりました(泣)
バックボード、何かと使えそうなやつですね~カッコイイです!
石は地道に積んでるんですね~お魚さんが見え隠れ・・・可愛いかも♪
滝ができるとどうなるのか・・・楽しみです!

☆kotoriさん☆

いやいやただ単に詰め込んだだけですよ~。

底上げ式にして多少の木をつければ簡単にできます。

ホントに今は侘び草があるのでかっこよくできます。

バックボード色もこげ茶でよさげですよね。

なんとかうまく使ってみます。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

田村13号

Author:田村13号
田村商店というネットshop運営しています。
tamura-shoten.com

そちらもよろしくどーぞ。


ししまる

Twitter
検索フォーム
お気に入りブログとブロ友の皆々様リンク集
関連リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。