スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアスカイ301で草育成

相変わらず、ぎんぎんらに光っているアクアスカイ301。

苔だらけです。
これは、アマゾニア(敷土)の栄養が出まくって、苔が大量発生しています。

写真 12-08-22 13 41 36

でも、これだけでるってことはアクアスカイ301が明るし植物が光合成しやすい光なのでしょうか?

写真 12-08-23 21 41 05

ルクスだの赤の波長だの難しい話はできません。研究者でもないし、そこまでのめり込めないのが僕の現状。
水槽を輝かせて、水草が育てばそれでいいタイプ。

ただし、光合成をするものですので赤が強めとか青が強めとかでだいぶ色は変わります。本来のきれいな発色を求めるのなら勉強しないとなりません。赤の波長が出ずらいLEDなら、赤のLEDを別につける等必要になってきます。

サンゴのミドリイシを飼育の方は何種類ものLEDで色を演出しています。

と、難しく(結局はお金がかかります)なってくるので、単純にアクアスカイで水草は十二分に育つと思います。

前景のニューラージパールは、匍匐しています。植物が匍匐するのは光が強い証拠?弱い光だと光を求めて上に伸びます。
サイズは30*30*40㌢の水槽です。このサイズでも、前景種も育ちましたので購入時のご参考になれば。

写真 12-08-23 21 41 11

現在は、苔がすごいので消灯中。なかなか毎日水替えできなくて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

田村13号

Author:田村13号
田村商店というネットshop運営しています。
tamura-shoten.com

そちらもよろしくどーぞ。


ししまる

Twitter
検索フォーム
お気に入りブログとブロ友の皆々様リンク集
関連リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。