スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアスカイでgo

眠っている、アクアスカイを使おうということで、水槽のリセットです。

写真 12-08-05 9 59 50

まずは、位置を変えました。ミドポン(CO2ボンベ)の近くに。
今回は、ある程度水草を育てたいのでCO2添加します。

写真 12-08-05 10 06 10

で、噂のアクアスカイを乗っけてみる。
クリアがいいですね。すっきりしている。この辺のデザインは、さすがADAですね。
誰が見ても、悪くは見えない。

写真 12-08-05 20 14 51

ソイルが少なかったり、温度計がなかったり、CO2拡散器(CO2を水に溶かそうとする器具)を追加で水景工房で買ってきました。

水景工房は、バカ高いADAの商品の値段をそこそこリーズナブルにしてくれるお店。(物にもよりますが、通販もやってます)

ということで、今回は拡散器と温度計はADA商品を購入。
あとは、水草を植えるだけ。

水の濁りが消えないのでまた次回に。

写真 12-08-05 20 54 37

水景さんでついでにきれいだった。ルブラを購入。早く色が出るといいな。

写真 12-08-05 20 53 06

で、ニューラージパールが大量だったのでこちらの水槽にも植栽。

しかし、となりで60*60*45の水槽で水草を育て隣で30㌢水槽で水草を育て何の意味があるのでしょう?
なんか、すごい無駄を感じてしまった。

また、もともと水替えがかねてから時間が拘束されることを懸念してました。
すこし、水槽を減らします。
現状僕の部屋に

60㌢の水草水槽
60㌢の出目金水槽
60㌢のサンゴ水槽
凶暴のため隔離中、バケツで一匹
30㌢ もともとビーシュリ水槽を今回アクアスカイを
31㌢侘び草を水上葉で育てるよう。
こんなにあります。 

60㌢の水草水槽これをやめます。 小さいの立ち上げたし。小さいのの水替えの楽なこと。
インパクトは、全然負けますが、家庭では30㌢ぐらいの水槽が楽な気がします。
新しい事務所ができ次第移動しましょう。その前にも移動したい。

で、バケツ飼いの子も元に戻そう。まだ凶暴なら違う手段を考えよう。

あと、出目金をバケツで飼いたい。
金魚って本来?江戸時代では上から見るのが美しいから人気になったのです。
上からはかわいいですよね。また違った見方が。

かといって、そんなでかいバケツあるかな?

まっ、そんな感じで名もなき水槽小屋少し規模縮小を目指します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

田村13号

Author:田村13号
田村商店というネットshop運営しています。
tamura-shoten.com

そちらもよろしくどーぞ。


ししまる

Twitter
検索フォーム
お気に入りブログとブロ友の皆々様リンク集
関連リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。